ヒルナンデスで紹介された冬に役立つ事6選!簡単に毛玉をとる方法〜縮んだニットを元に戻す方法等

冬になると毛玉って気になりますよね。

ヒルナンデス!で簡単に家にあるもので毛玉を取る方法が紹介されていました。

他にも冬に役立つ情報が紹介されていたのでまとめてみました。

スポンサーリンク

ヒルナンデスで紹介された冬に役立つ6選

冬の洗濯洗剤選びや、簡単に毛玉をとる方法、しぼんでしまったダウンジャケットをふっくらさせる方法、洗濯したタオルを柔らかくする方法等を紹介しています。

冬の洗濯は洗剤選びが重要

粉末洗剤は安価で汚れ落ちが1番良いです。

水道水の中には汚れ落ちを邪魔するマグネシウム、カルシウム、鉄分が入っているのですが、それを取り除くキレート剤というものが入っています。

ただし水に溶けにくく、すすぎが不十分だと衣類に残ります。

私も経験あります。

がっつり洗剤ついたままでびっくりした事があります。

水が冷たい冬は注意が必要です。

液体洗剤はキレート剤が入っていないため、粉末洗剤より洗浄力が弱めです。

でも液体なので、皮脂汚れに直接ぬれ、とけ残りが少なく冬におすすめです。

ジェル洗剤はキレート剤が入っているので粉末洗剤と同程度の洗浄力をもちます。

手も汚れなくて、いちいち計らなくていい所も利点です。

ただ、高価で洗濯物の量に合わせて使えない所が難点です。

これらの事をふまえると、冬は液体洗剤がおすすめです。

洗濯したタオルは干す前によく振ると柔らかくなる

柔軟剤をつかってもタオルがゴワゴワになる原因はタオルの繊維が寝てしまう事にあります。

干す前によく振ると、タオルの繊維が立ち柔らかくなります。

柔軟剤を使用した洗濯物は日の当たらない所に干した方が更に柔らかくなるそうです。

スポンサーリンク



お風呂の残り湯は温かいうちに洗濯に使用する

ぬるま湯を使用して洗濯機で洗うと汚れを溶かしやすくするので、冷水よりも汚れ落ちがよくなります。

すすぎは水道水で2回程度した方が、変な匂いがしなくて良いそうです。

ちなみに入浴剤の大半は洗濯での使用を想定して作られているそうです。

しかし、洗濯洗剤の邪魔をする成分が入っているものもあるので注意が必要です。

潰れたダウンジャケットをふっくらさせる方法

丸めた靴下を2〜3足ダウンジャケットと一緒に乾燥機にかけます。

丸めた靴下がダウンジャケットを叩き、しぼんだ羽毛をほぐしてふっくらさせるそうです。

ヒルナンデス!では厚さ8.5cmのダウンジャケットが11cmに膨らんで2.5cmも厚さがUPしていました。

縮んだニットの戻し方

アイロンの蒸気をかけます。

ぐっと引っ張って冷めるまで待ちます。

引っ張る時に少しパタパタさせて、余分な水分と熱を奪うのも良いそうです。

これを10分程続けます。

ヒルナンデス!でも森三中の村上さんのニットが着丈6cm、身幅10cmもアップしていました。

すごいですね!!

毛玉を簡単にとる方法

食器用洗いに使うスポンジでとれるそうです。

服を手で押さえ、毛並みを揃えるように一方方向にスポンジで優しくこすっていきます。

スポンジ表面のザラザラした部分で縮まった毛玉をほぐし毛並みを整えるそうです。

電動の毛玉取り機は毛玉を丸ごと刈り取ってしまうので、生地を薄くしてしまいますが、スポンジだと縮みきった毛玉だけを取るので生地を薄くしなくて良いそうです。

番組では毛玉がとても綺麗にとれていました。

スポンサーリンク
関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする