“世界一受けたい授業”で話題の痩せる筋膜リリースのやり方

“世界一受けたい授業”で話題の痩せる筋膜リリースのやり方について特集されていました。

累計50万部のベストセラー”自分でできる!筋膜リリース パーフェクトガイド”の最新版”やせる筋膜リリースが発売され、話題になっているそうです。

“出典 https://item.rakuten.co.jp/bookfan

楽天市場 筋膜リリースパーフェクトガイド

そもそも筋膜リリースとは一体何なのでしょうか。

筋膜リリースの効果や、”世界一受けたい授業”で紹介していた筋膜リリースのやり方も合わせて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

筋膜リリース

筋膜とは

筋膜とは筋肉を包み込んでいる膜の事です。

筋膜は筋肉をつくる筋繊維を一本一本まで包み込み、1枚のボディスーツのように全身につながっています。

筋膜リリースの効果

筋膜がゆがんでしまうと筋肉が動きにくくなり、代謝が落ちてしまいます。

ゆがんだ筋膜をリリースする(整える)事によって、運動に参加する筋肉の量も増えて代謝が上がり、痩せやい身体が出来上がります。

筋膜リリースのやり方〜肩から背中・太もも

テーブルに両手を乗せ軽く身体を支えます。

“引用 世界一受けたい授業”

そのまま両腕を前にスーッと伸ばして30秒間止めます。

“引用 世界一受けたい授業”

この時、かかとが浮かないように気をつけて、身体を直角に曲げて手を伸ばします。

肩から背中、ももをつなぐ筋肉が伸びます。

ここの筋膜には大きな筋肉が集中しており、動かしやすくすると代謝がアップするそうです。

3回を1セットで1日に3セットすると良いみたいです。

筋膜リリースのやり方〜二の腕と背中

椅子に座って手のひらを前にだし、両手をくっつけます。

ひじを90度に曲げて、ひじから手首、小指までしっかりとくっつけます。

“引用 世界一受けたい授業”

そのまま上にあげて両ひじが離れるギリギリの所で20秒間とめます。

この時ひじや手が離れないように注意して、あごを引き、お腹には軽く力をいれます。

二の腕のたるみや背中の脂肪に効果があります。

また胸の筋肉が鍛えられるので、バストアップにもなります。

3回1セットで1日に3セットおこないます。

慣れてきたら、時間を伸ばしてみます。

筋肉リリースのやり方〜お尻とお腹

床に座り両手を膝に乗せ、ひじを伸ばします。

体重を後ろへ移動させ、肩が床につきそうになったら、前に体重を移動させます。

“引用 世界一受けたい授業”

そして両足を床につけず、また後ろに体重を移動させます。

“引用 世界一受けたい授業”

前に後ろにゆりかごのように繰り返します。

この時ひじが曲がったり、ひざが伸びないように注意してください。

腹直筋と大殿筋を同時に鍛えられるます。

5往復1セットで1日3セットします。

慣れてきたら回数を増やします。

世界一受けたい授業でも皆さん結構きついと言っていましたね。

どれも筋膜が伸びそうな運動でした。

慣れていくと段々運動量を増やすのなら、体幹リセットダイエットの方が楽なような気もしますね(´-`).。oO

金スマ〜1日5分で痩せる体幹リセットダイエットのやり方〜3ヶ月で平均−14kg

スポンサーリンク
関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする